車両保険とは

車両保険は事故などで自分の車が何らかの損害を受けてしまった場合に適用される保険で、自分の車の修理代を補償してくれる保険です。車の保険というと対人保険や対物保険に目が行きがちですが、この車両保険も重要な保険になります。
車両保険は自らの原因で起こしてしまった事故以外にも火災に巻き込まれてしまったり、台風に直面して車が壊れてしまったり、盗難の被害にあった場合も車両保険の補償が適用されます。
自動車の任意保険は対人保険や対物保険が手厚くされる傾向にあるのですが、この対人保険や対物保険では車両が壊れてしまった場合の補償が適用外になるので、自分の車を補償するには車両保険に加入する必要があります。
車両保険は事故によって車 が破損してしまった場合に補償されますが、故意の事故や無免許運転、酒酔い運転などで事故を起こしてしまった場合は補償の適用外になります。
さらに車両の欠陥など事故を起こしてしまっても仕方ない状態の車で事故を起こしてしまった場合や、タイヤの損害が激しい場合の事故などの場合も補償が適用外になってしまう場合があるので注意が必要です。