無保険車傷害保険とは

自動車保険比較

無保険車とは、事故を起こした相手が任意保険に加入していない、加入はしているが条件の制限があって支払われない、事故の加害者が特定できない、被害車に支払われる賠償額が足りない場合、このような状態を無保険車と言います。

対人保険をカバーしてくれるのが無保険車傷害保険です。この無保険車傷害保険とは、最初から対人保険の付いていない車や対人保険の支払われる保険金額だけでは足りない車などとの事故が原因で、運転者や搭乗者が死亡または後遺障害になってしまった場合に支払われる保険のことを無保険車傷害保険と言います。
この無保険車傷害保険が勘違いされてしまうところが「怪我」のときは保険金が支払われないというところがポイントに なります。相手が怪我をしてしまった場合はどのような補償になるのかというと、自分が対人保険に加入していなければ相手の自賠責保険で最高120万円が補償されますが、それ以上の保険金は補償されません。
また相手が入院して仕事が出来なくなってしまった時の休業補償などもこの無保険車傷害保険では補償されないので、この無保険車傷害保険はあくまでもサブ的な役割をする保険だということを認識してください。