自損事故保険とは

自動車保険比較

自損事故保険とは、自分が契約している車を運転している最中に、その車の所有者、車を運転していた運転者、一緒に車を運転していた搭乗者が怪我をしてしまった場合に、強制保険と言われている自賠責保険や政府が定める保障事業では完全に補償されない場合に自損事故保険の保険金が支払われます。

この自損事故保険は単独で契約するのではなく、対人保険に加入すると自動的に付帯される保険になります。自損事故保険はその名前の通り運転手のミスで自損事故を起こしてしまった場合が対象となります。
自損事故の例として、自らが運転しているときに電柱やガードレールにぶつかってしまった。運転している最中に前の車に後ろから一方的に前の車に追突してしまっ た。建物に突っ込んでしまった。などの例が自損事故のケースです。
支払われる自損事故保険金の例として、死亡保険金が1人につき1,500万円、後遺傷害保険金が1人につき50万〜1,500万円、医療保険金が入院が6,000円×入院日数、通院が4,000円×通院日数となっています。
この保険だけでは全ての賠償金を賄えませんが、加入しておいて損はない保険となっています。