搭乗者傷害保険とは

自動車保険比較

搭乗者傷害保険とは自分が契約している車に同乗している相手が、自分の運転で事故を起こしてしまってその相手が怪我をしてしまったり、死亡してしまった場合に支払われる保険を搭乗者傷害保険と言います。

この搭乗者傷害保険が適用されるのは座っている位置(助手席、後部座席)関係なく、自分が運転している車に乗っている人(運転者と同乗者の両方を含む、ただし正しい位置に搭乗している人に限定)が搭乗者と見なされます。
搭乗者傷害保険に加入したときに定めた金額が怪我の度合い、後遺障害、死亡などの状態に応じて支払われる金額が支払われます。基本的に死亡してしまった場合は全額支払われます。
怪我をしてしまった場合は「定額日数払い」か「 部位症状別払い」の2種類の方法で支払われます。しかしこの搭乗者傷害保険は一定額しか支払われない欠点があるので、これだけでは賠償金を賄えないので注意が必要です。
このように搭乗者傷害保険だけではカバーしきれないので、対人保険を無制限にしながら付属として搭乗者傷害保険にも加入している人が多いのが現状ですので、プラスαで考えるようにしましょう。