任意保険とは

車などを運転していて事故を起こしてしまうと、数億円の損害賠償を支払わなければいけなくなってしまう可能性が高いです。このような数億円の損害賠償は自賠責保険だけでは当然払えません。
誰もが自賠責保険だけで数億円の賠償金を払えないと分かっているので、自賠責保険の他に任意で加入している保険を「任意保険」と言います。この保険は名前の通り強制ではなく、その人の任意で加入することになります。
任意なので加入しなくても法律違反にはならないのですが、自賠責だけでは賠償金が賄えないので多くの人が何らかの任意保険に入っているのですが、この任意保険は特に対人と対物に加入しなければいけないと言われています。
この対人補償と対物補償の保険が「賠償責任保険」と言います。賠償責任保険は相手を怪我させてしまったり、相手の車を壊してしまったとき支払われる保険のコースが賠償責任保険と言います。
最も重要な賠償責任保険は支払われる金額を「無制限」に設定している人が圧倒的に多く、事故の損害で一番多いのが相手の車を故障させてしまい、さらに人に怪我させてしまうケースが多いことがわかります。