自動車損害賠償責任保険とは

自動車保険比較

自動車損害賠償責任保険は一般的には「自賠責保険」と言われている保険で、自動車損害賠償保障法という法律によって決められている自動車損害賠償責任保険で、車やバイクを運転する全ての人の加入が必ず義務づけられている損害保険が自動車損害賠償責任保険の特徴です。

この自動車損害賠償責任保険は車やバイクを運転する運転者全員が加入しなければいけないので「強制保険」と言われています。この自動車損害賠償責任保険の意味合いは「最低限の損害賠償金を被害者に支払うための保険」という意味合いになります。
任意保険と違って自動車損害賠償責任保険は、最低限の補償という意味合いになるので、任意保険よりも上限金額が低く設定されていて 、自動車損害賠償責任保険の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円・傷害120万円までと低い設定になっています。
車検のある車と250ccを超えるバイクの場合は、車検の機会に更新して車検証の期限が満了するときに自動的に保険の更新となりますが、車検のない250cc以下のバイクは契約期間を1年から5年までの期間で任意に契約できるので、コンビニや郵便局で個人で簡単に契約することができます。