自動車保険見積り評判の良い所はこちら。保険料が安い会社を比較するには

損害保険会社がついに自動車保険の保険料を値上げすることになりましたね。
保険は1年を通して必ずかかるものですので、なるべく良い条件で、しかもなるべく安く抑えたいものです。

 

自動車保険の保険料は、損害保険会社によって最大で2倍近い差があるのです。
もし、あなたが各社保険料金を比較せずに、2倍も高い保険料を余分に払ってしまう!そんなことにならないためにも、各保険会社の料金、サービスを比較しておく必要があります。

 

 

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険について

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険があります。
営業マンなどが訪問して販売する代理店型自動車保険だと、人件費や店舗などの経費がかかります。その経費は保険料に上乗せされています。
しかし、インターネットでのダイレクト方自動車保険はそのコストがないので、代理店型の自動車保険よりも安くコストが抑えられるのが特徴です。

自動車保険料の比較

上の図表のようにダイレクト型自動車保険は、ディーラーで加入するような代理店型自動車保険に比べて、代理店手数料はないので、大きくコストを削減することができます。その結果、加入する自動車保険が安くなるのです。

 

乗り換えることで、毎年の保険料を安くすることができますから、自動車保険の見直しは必ずやっておいた方がいいでしょう。
 
また、複数の保険会社に一括で見積りができるので、手間を1回で済ませることができます。さらに保険料の比較がしやすいのでどこが一番安いのか、サービスがいいのかが分かりやすく便利です。

 

通販型(ダイレクト型)自動車保険のメリット・デメリット

 

最近は通販型の自動車保険が人気を集めているので、通販型の自動車保険にはそれだけメリットがあるということがわかります。
通販型の自動車保険はネットから簡単に申しこむことができます。
パソコンやスマホから申し込む事ができ、契約書なども後日郵送してくるので自宅で簡単に申し込みが可能なのです。
電話連絡がない事も多いので、電話を通しての申込みはちょっと…と考えている人にもおすすめですよ。
また通販型自動車保険は保険料が安いというメリットもあります。
代理店型の保険は保険料が高いと言われていますが、それに比べると通販型は安く済みます。
保険が切れる一ヵ月前程に保険の契約をすることで早割りなどの割引制度も受けられますので、保険料を安くすることが可能なのです。
通販型のデメリットは代理店に比べ、事故が起きた時の対応への不安でしょう。
代理店型は実際に顔を見て契約をするので、事故が起きた時も安心できます。
また保険を契約しているお店が存在するので、何かあった時にすぐに店に行って確認することも可能です。
通販型はお店がありませんので、何かの対応を求める時は全て電話となります。
この点に不安を感じる人も多いですが、通販型でも事故時に対応するオペレーターが24時間いるので万が一のことがあっても必ず対応してもらえますよ。
代理店型より対応の質が悪いんじゃ…と心配する人も多いと思いますが、これは保険会社というよりも対応したスタッフによります。
通販だから悪いということではないので、あまり心配する必要はないでしょう。
どうしても心配な人は口コミなどを見て、対応の評価が高い通販型を選ぶと良いですよ。

 

 

代理店型(対面型)自動車保険のメリット・デメリット

 

 

代理店型の自動車保険は全国各地に店舗が存在するので、何かあった時はすぐに駆けつけてもらえるという安心感がありますよね。
また契約時は担当するスタッフと直接顔を合わせることとなるので、対応する人を見ることで安心できる人も多いと思います。
代理店型は事故時の対応力に優れているという声が多くあります。
各地に店舗が存在するので、何かあればすぐに各地のスタッフが駆けつけてくれるので安心できますよね。
通販型は基本的に電話での対応となるので、スタッフに駆けつけてもらうことはできません。
事故でパニックになっている時に保険会社の人が来てくれることで安心することができるので、これも代理店型の大きなメリットと言えます。
代理店型のデメリットは料金が高いこと、そして契約するのに店舗に出向く必要があることが挙げられます。
代理店型は通販型に比べると保険料が高いので、保険料を安く抑えたい人には不向きです。
保険料より安心感を求める人にはおすすめできますよ。
また契約をする時は店舗に出向いて契約する必要があります。
こちらもメリットに上げたように担当スタッフと直接顔を合わせることで安心感を得ることができますので、メリットともいえるしデメリットとも言えますね。
メリット・デメリットはどちらもありますが、より安心感を求めるのなら代理店型がおすすめです。

 

 

おすすめの自動車保険見積り見積りサイト

 

 

保険スクエアbang

保険スクエアbangでは、最大17社のからの見積りが一括で比較できます。保険会社の数が多いのでそれだけ選択肢が増えるということ。一括見積りサイトでは最も有名なサイトなので評判も良いです。またサイト内には各社のデータを比較したコンテンツがとてもよく整備されています。こちらの一括見積りを利用して平均で25,000円も安くなったというデータがあります!どこにするか迷っているのであれば、保険スクエアbangの一括見積もりを選んでおけば、まず失敗はありません。

 

ズバット自動車保険

ウェブクルーの運営するズバット自動車保険は、最大で21社から一括で保険お見積りを無料で比較することができます。CMや広告で有名なアクサ損害保険、アメリカンホーム保険、SBI損保、AIU保険など有名なところもあります。ロードサービスや事故対応なども比較することができます。

 

 

一括見積りサイトのメリットは、自分が提携している保険とどのくらい変わるか比較できるので分かりやすいのが特徴。
ネットでの申し込みなので毎年自動車保険の満期を迎える3ヶ月前にメールでお知らせしてくれます。だから、保険が万が一切れてしまって乗ってるなんて危ないことも防ぐことができます。

 

免許証の色や車に乗る条件も毎年変わってきます。そによって保険料が変わってくるので、毎年の見積りをとって最適な自動車保険を選択することができます。
【一括見積りの流れ】
1、サイトから一括見積りを行います。
2、保険スクエアBang!から完了メールが届きます。
3、保険会社の比較表が届くので確認できます。
4、保険会社からメールや郵送で見積り結果が届きます。
5、最適な自動車保険が見つかります!
保険会社から一切電話が来ないところもあるので、安心ですし、メールでそのまま登録もできる会社もあります。

 

一括見積りサイトを利用して保険料が安くなるというケースも多いのです。最大でも50,000円安くなる方もいるようですから、それだけ年間で変われば家族で旅行などの予算にも使えますよね!

 

自動車保険の見積りには、免許証と保険証(自動車保険未加入の方は車検証)が必要ですので、お手元にご準備の上、
無料見積りに申し込んでください。

ブックマークしておくと後からでも自動車保険おすすめランキングを見ることができます。

自動車保険の乗り換えは1年に1回必ずあるものです。なるべく予算を低くしたい場合には一括で自動車保険の見積りが可能です。面倒な情報入力も1回で済みます。

実際に申し込んでみました!

実際にBang!保険スクエアに申し込んでみました↓
自動車保険見積りで評判の良かったのがBang!保険スクエアだったので私もそれの自動車保険一括サイトにしてみました。
自動車保険評判
ダイハツ「タント」の自動車保険の結果です。
軽自動車なのでもともと保険料が安いですが、それでもこれだけ保険料の差があるのです。

アメリカンホーム・ダイレクト

52,830円
チューリッヒ 29,530円

三井ダイレクト損保

37,440円

おとなの保険

32,210円

ソニー損害保険

40,040円

最安値と最高値の差

23,300円

 

29,530円〜52,830円と23,300円も開きがありました。
最安値と最高値でなんと1,78倍も差があるのです。

 

 

もしあなたが一括見積りサイトを利用していなかったとしたら、なかりの損になる可能性もありますので、なるべく多くの自動車保険会社から見積りをもらっておくことをおすすめします。
自動車保険見積りで評判だけあって安くできたのは嬉しかったですね。

自動車保険の年齢による保険料の違い

 

自動車を所有している若い世代なら、保険料が高いと一度は感じたことがあるのではないでしょうか?若い世代は特に保険料が高く、年齢を重ねるにつれて低くなっていきます。
これはなぜなのかというと、若い世代は車に乗る機会が多いため事故を起こす確率が高いこと、そして運転歴が浅いため、事故を起こす確率が高いことが挙げられます。
免許を取ったばかりの若い世代と10年以上運転している中年世代となれば、どちらが事故を起こす確率が高いかはすぐにわかりますよね。
車に乗ることが多く、また運転歴が浅いことから保険料は高くなる傾向にあります。保険料が高いことは負担にはなりますが、万が一のことを考えると保険は入っておいた方が良いもの。

 

そのため若い世代も車を所有するのなら必ず入っておきましょう。
保険なしで事故を起こすと、とてつもない賠償額を請求されることもあります。保険に入っておけばある程度の保証が受けられるので、万が一の事態に備えれば保険は必須です。
40代以降は保険料が安くなる傾向にあります。今は自動車保険見積りサイトがありますので、車を所有しているけどあまり乗らないという人は安めの保険に切り替えることをおすすめします。
保険料が高いのは若いときだけなので、我慢して払っておきましょう。万が一のことが起きた時に安心ですよ。

 

 

自動車保険の事故対応

自動車保険の事故対応は誰もが気になる点だと思います。保険は万が一事故に遭った時のためにはいる物なので、事故時の対応がおそまつであれば入ることを躊躇してしまいますよね。
事故時の対応に関してはネットの口コミなどを見ればわかると思いますが、保険会社によって違うというよりも担当したスタッフによって違うと言えます。
同じ保険会社でも、以前事故を起こした時に担当してくれた人は一から十まで全てやってくれて、事故に遭ったこちらのことも心配して親身になってくれた。
二回目の事故を起こした時の担当者は対応が適当で連絡もあまりよこさず、事故後の対応がどうなっているかわからずに不安な日々を過ごした。
なんてことも多いのです。担当したスタッフによって大きく違いが出るので、保険会社によって事故対応が良い・悪いを完全に決めつけることは難しいと言えます。
通販型は会社の店舗がないため、事故時は電話での対応が基本です。もちろん相手方との話し合いも行ってくれますので、保険会社に任せてしまえば自分が何かをする必要はありません。
代理店型は店舗からスタッフが現場に来てくれるので、その場ですべての手続きを任せることができます。相手方との話し合いも全てしてくれるので、当人同士で話し合うこともありません。
第三者を交えることで話が円滑に進みますので、トラブルなく事故後の対応が進むというメリットもあります。
事故対応に関してはネットの口コミを見て、より評価が高いところを選ぶと良いでしょう。どこの会社にも良い口コミも悪い口コミもありますので、良い口コミが多いところを選びたいですね。

 

自動車保険料を安くする方法 

所有しているだけでお金がかかってしまう自動車。少しでも維持費を安く済ませるために、とりあえずは自動車保険料を安くする工夫をしてみませんか。
自動車保険料を安くする方法は、実はたくさんあるのです。まずひとつに、車両保険のカバー範囲を狭くする方法があげられます。車両保険のカバー範囲には、一般車両保険、エコノミー+限定A、エコノミーの3つがあるのですが、補償範囲が広い一般車両保険は、保険料も高いのが普通です。
人によりけりですが、そこまで範囲を広げる必要はないと判断できるなら、エコノミー+限定Aあるいはエコノミーを選ぶだけで保険料は大幅に変わってきます。自動車保険を安くする方法ふたつめには、免責金額のことを考えてみましょう。単純に言えば、免責金額を低く設定すればするほどトータルの保険料は安くなります。
しかし、全くのゼロというのは、かえって負担が大きくなってくるのでご注意を。免責金額の設定は十万円程度がおすすめ。
これが、保険料を安くおさえかつ負担も少なくなる目安です。安全装置割引についても知っておきましょう。お乗りの自動車に、エアバックや衝突安全ボディといった安全装置がついていると、保険料が割引になる制度がこれです。
最近の車では安全装置の装備は標準となっていますが、中古で古い車などを購入した場合、ついていないこともあるので確認してみましょう。

 

自動車保険の更新手続きを忘れて満期日が過ぎてしまったら?

 

 

自動車保険は大体が1年契約なので、毎年更新する必要があります。契約が切れる一ヵ月ほど前に契約更新のハガキなどが届くので、それを見て慌てて契約を更新する人も多いでしょう。
ただ現在の保険から他の保険に切り替えようと考えている人は別です。その場合は新たに申しこまなければならないのですが、忙しくてつい忘れてしまったなんてこともあると思います。
自動車保険の契約が切れると自動車事故を起こした時が大変なので、満期日が過ぎていることに気付いたらすぐに保険の契約をしましょう。
満期日を過ぎていても保険の契約は可能です。すぐに申し込むことで迅速に対処してもらえますので、早めに保険契約を開始してもらうこともできます。
ただ契約がすぐに開始できない場合もありますので、契約が開始するまではしばらく車に乗ることは控えた方が良いかもしれません。
通勤に使っているのなら公共機関で通うなどして車に乗ることを避けましょう。休日はレンタカーなどを借りると安心ですよ。
事故なんて起こさないからと慢心していると、うっかり事故を起こす可能性だってあります。また自分が気を付けていても相手方から事故を起こされることだってあります。
保険が必要になることもありますので、保険が切れている自動車には乗らないようにしましょう。

 

 

>トップページに戻る

更新履歴